EDになる原因として様々なことが考えられます。改善するにはバイアグラの成分でもあるシルデナフィルを服用することで勃起することが望めます。こちらではシルデナフィルについての作用などを皆様にご紹介していきます。また、シルデナフィル以外の成分やED治療薬についてもご紹介していきますので参考になさってください。

バルデナフィルとタダラフィルという有効成分

ED治療薬の先駆的な存在といえばバイアグラですが、その後、様々なコンセプトのもと製品開発が進みレビトラ、シアリスといったED治療薬が発売されました。
特にレビトラとシアリスは後発の製品であることからバイアグラの改良点を踏まえた非常に個性的な製品であり、ED患者の注目を集めています。
しかしながら、これらの製品は優劣をつけるものではなく、それぞれ特徴をしっかりと理解した上で使用することが大切です。

レビトラとシアリスの有効成分は、それぞれバルデナフィル、タダラフィルと呼ばれる物質になります。
双方とも勃起機能を抑制する酵素を阻止し、陰茎部の血行を促すといった作用は同じですが、分子構造が異なるため様々な違いが見受けられます。
まず、バルデナフィルは水溶性が高く水に溶けやすいことから体内に浸透しやすく、一方のタダラフィルはブロック状になっているため体内への浸透に時間がかかるといった特性を持っています。

その結果、レビトラは即効性が非常に高く、服用後20分程度で効果が実感できる人も少なくありません。
また、勃起時の強度にも定評があり、一般男性の理想的な強度レベルであると言われているリンゴレベルの強度を誇ります。
一方のシアリスは効果が実感できるまでに3時間近くかかるものの、持続時間は最長で36時間を誇るため、週末に服用すれば週明けまで服用する必要がないことから、ウィークエンドピルとも呼ばれています。

また、ED治療薬を比較する上で注目されるのが副作用ですが、両者とも血行促進効果が高い作用を有することから頭痛、火照り、鼻づまり、動悸、息切れ、胃痛といった症状は変わらず、発症頻度も全体の3割程度と大きな違いはありません。
したがって、レビトラは急にパートナーと性交渉に至ることになった場合など即効性と強度を求める場面で、シアリスは計画的にパートナーとゆっくり週末を楽しみたい場面などで使い分けるのが賢明な使用方法です。

シルデナフィルとの違いを知る

1998年に認可されたバイアグラは瞬く間に世界中に広がり、まさにED治療薬のスタンダードとして、現在でも高い人気を誇っています。
その反面、食事の影響を受けやすいこと、持続時間が短いこと、副作用の発症頻度が高いことがデメリットとして取り上げられることも少なくありません。
そこで、後発のレビトラとシアリスは、バイアグラのデメリットを改良するとともに、新たなコンセプトを持って開発された製品であることは言うまでもありません。

バイアグラの有効成分はシルデナフィルと呼ばれるものであり、元々は狭心症の治療薬に使用するために研究が進んでいました。
あまり効果が得られず、その代わりにED治療への効果が発見されたことからバイアグラが誕生した経緯があります。
したがって、バルデナフィルやタダラフィルと同様に勃起阻害する酵素の分泌を抑制する効果があります。
また、副作用の症状についても似ていますが、発生頻度が約7割と他のED治療薬よりも高くなります。

さらに、シルデナフィルはバルデナフィル、タダラフィルとは分子構造が異なることから、食事の影響を受けやすく、空腹時でなければ効果が半減してしまいます。
また、効果が実感できるのは服用後おおよそ1時間であり、その効果は4時間から6時間は継続し、勃起時の強度はレビトラまでではないにしろ十分な硬さを得ることができます。

シルデナフィルの作用は、バルデナフィルやタダラフィルのような突出的な特性を持っているわけではありませんが、ED治療薬のスタンダードとしての安心感を兼ね備えております。
ED治療薬を服用する人の大半がまずはバイアグラを服用して、その後用途に応じてレビトラやシアリスを服用しています。
また、最近では携帯に便利で水なしでも服用できるフィルムタイプのものも製品化されており、今後もED治療薬の先駆的な存在としてユーザー目線に立った商品開発が期待されています。