EDになる原因として様々なことが考えられます。改善するにはバイアグラの成分でもあるシルデナフィルを服用することで勃起することが望めます。こちらではシルデナフィルについての作用などを皆様にご紹介していきます。また、シルデナフィル以外の成分やED治療薬についてもご紹介していきますので参考になさってください。

シルデナフィルは女性用のバイアグラにも使用!

バイアグラは男性のED治療薬として知られていますが、その有効成分はシルデナフィルです。
この成分は服用することで全身の血流を良くしてくれますが陰茎への血流も改善されますので勃起をサポートしEDの改善に役立ってくれます。

シルデナフィルは男性の悩み改善に役立つ成分というイメージが強いですが、実は女性用のバイアグラにも採用されている成分です。
性行為での悩みというと男性のものというイメージもありますが、性行為が楽しめずに悩む女性もまた少なくありません。
女性用バイアグラはこうした女性の悩み改善に役立つ薬です。
女性用バイアグラというと日本ではあまりなじみがありませんが、海外では人気となっており不感症で悩む女性の悩み改善にも役立てられています。

シルデナフィルが主成分の^女性用バイアグラと呼ばれる商品として有名な薬にウーメラやラブグラがあり、男性が服用した時と同じように全身の血流改善に役立ち、下半身の血流も良くしてくれますので女性器がより敏感になり膣分泌液を増やすのにも役立ちますので性行為がよりスムーズになると言われています。

ウーメラは元祖女性用バイアグラとしてインドの製薬会社で作られていましたが、現在では製造中止となっており現在では入手することができなくなりました。
それゆえ、特に有名な女性用バイアグラといえばラブグラと言えるでしょう。
ラブグラもインドの製薬会社で製造販売されており、この会社は様々なジェネリック医薬品を製造していることでも知られている大手製薬会社です。
それゆえ品質の面でも安心できるのではないでしょうか。

ラブグラも医薬品ですので、実際に利用する前には副作用などもチェックしておきましょう。
そして良い結果を得るためには正しい飲み方を守ることも大事です。
シルデナフィルは優れた成分ですが、食事の影響を受けやすいという特徴がありますので効果をしっかりと実感するためには空腹時に飲むことがおすすめです。

ラブグラの効果と副作用とは?

女性用バイアグラは性交痛の改善や、膣分泌液の増加と言った効果を期待出来ます。
ウーメラが製造中止となった今日では、シルデナフィルのジェネリック医薬品であるラブグラを使用することになるわけです。
しかしシルデナフィルは本来は、男性の性機能の低下などを適応にしていますが、女性用バイアグラとして位置づけられているのは、血流改善効果が高い点にあります。

特に女性では冷え症状やホルモンバランスの乱れにより、下半身の血流や体液の循環が低下し、膣やその膣周辺の生殖器への血流不足が滞りがちです。
その典型的な症状がむくみですが、ラブグラの持つ血流改善効果によって、性器等への血流も正常化し細胞の活性も高まります。
そのおかげで不感症の改善による、性行為の充実までにも効果を発揮してくれるのです。
特に中高年以降は女性ホルモンの減少や、周囲の組織の老化により膣分泌液が減少し、性交時に痛みを覚えることも珍しくないとあれます。
ラブグラは膣分泌液を増加させ、スムーズな性行為を可能にします。

こういった、女性の性機能の改善と性生活の充実に効果を発揮するのが、ラブグラの特長ですが、服用時には注意点があります。
これは有効成分シルデナフィルの性質によりますが、空腹時に服用しないと体内に十分吸収させることが出来ないのです。
特に問題となるのは、食事に含まれる脂肪分です。
脂肪分が消化管粘膜の表面に油膜を形成し、体内への吸収を妨げられる点です。
ラブグラに含まれるシルデナフィルが確実に吸収されるように、空腹時で性行為の1時間前くらいのタイミングで、服用することを心がけて下さい。

なおラブグラには頭痛やめまい、顔のほてりなどの副作用も報告されています。
服用後に体長の異変に気付いたら直ちに服用を中止し、医師の診察を受けるようにして下さい。